大相撲の関脇貴景勝の大関昇進が春場所千秋楽の24日、事実上決まった。日本相撲協会で番付編成を担う審判部の阿武松部長(元関脇益荒雄)が昇進を諮る臨時理事会の開催を八角理事長(元横綱北勝海)に要請し、理...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ