日本相撲協会の懸賞担当者は8日、春場所の力士指定の懸賞申し込み数で、大関昇進を懸ける兵庫県出身の関脇貴景勝が約250本とトップであることを明らかにした。2番目に多いのは大阪府出身の大関豪栄道で約22...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ