日本相撲協会は31日、東京・両国国技館で理事会と年寄総会を開いて親方衆の新たな職務を決め、初場所で現役引退した荒磯親方(元横綱稀勢の里)は主に競技普及などを担う指導普及部に配属された。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ