大相撲初場所4日目の16日、惜しまれながら引退したのが元横綱稀勢の里の荒磯親方(32)。愚直な姿勢でファンの胸を打ち、相撲人気を支えた日本出身横綱の存在感は、土俵を去ってもなお、開催中の初場所の至る...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ