横綱稀勢の里の引退決断を受け、日本相撲協会関係者はさまざまな思いを述べた。審判部の阿武松部長(元関脇益荒雄)は「2場所連続の鮮烈な優勝は私も頭の中に残る。本音を言えば、横綱としてもっと土俵に上がって...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ