大相撲の稀勢の里、白鵬、鶴竜の3横綱が8日、東京・明治神宮で初場所(13日初日・両国国技館)を控えた新春恒例の奉納土俵入りを行い、寒空の下に約2千人の観衆が集まった。純白の綱を締めた横綱たちの土俵入...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ