右膝痛で大相撲九州場所を途中休場した横綱稀勢の里は10日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋での稽古を非公開で行い、部屋関係者によると四股などで汗を流したという。東京での稽古再開から1週間が経過した稀勢の...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ