日本相撲協会は29日、東京都墨田区の両国国技館で定例の理事会を開き、26日付で引退した元幕下力士の神嶽が道交法違反(事故不申告)の罪で略式起訴された件に関し、監督責任があるとして師匠だった大嶽親方(...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ