大相撲の東前頭16枚目の荒鷲(32)=本名エレヘバヤル・ドゥルゴーン、モンゴル出身、峰崎部屋=が九州場所13日目の23日、日本相撲協会に「左膝前十字靱帯断裂術後、その再発により全治1カ月を要する見込...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ