大相撲の東大関豪栄道(32)=本名沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=が九州場所12日目の22日、日本相撲協会に「右大胸筋上腕骨付着部筋断裂で約6週間の安静加療を要する見込み」との診断書を提出して休場...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ