大相撲九州場所10日目の20日、関脇御嶽海が平幕正代に押し出されて5勝5敗となり、場所後の大関昇進が事実上消滅した。昇進の目安とされる直前3場所合計33勝に届かないことが決まった。残り5日間を全勝し...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ