大相撲九州場所(11日初日・福岡国際センター)に向け、右足首の不安で調整が遅れていた横綱鶴竜が4日、福岡県志免町の時津風部屋に出稽古し、正代と豊山の平幕2人と21番取って19勝2敗だった。「思ったよ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ