10月18日に右膝の骨片除去手術を受けた大相撲の横綱白鵬が31日、福岡県篠栗町の宮城野部屋で稽古を再開したが、患部にサポーターを着け、四股やてっぽうなどの基礎運動にとどまった。右膝に力を入れて動くこ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ