アルゼンチンが準優勝した1990年イタリア大会以来、6大会ぶりの決勝進出を果たした。オランダとの対決は延長戦を含む120分が0―0で終了した後、PK戦を4―2で制した。GKロメロが2本のPKを阻 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)