日本サッカー協会は30日、日本代表のW杯ブラジル大会1次リーグ敗退から間を置かず、後任監督候補をメキシコ出身のハビエル・アギレ氏(55)に一本化した。日本協会にはザッケローニ監督が推し進めた攻 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)