宮崎県出身者として初めて日本代表に選ばれた伊野波雅彦選手(28)は、ピッチを踏むことができなかった。「負けた。それが現実。やることはやったので悔いはない」。悔しさを胸に秘めながら、競技場を後に ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)