主導権を握り、攻め勝つ−という、攻撃的なスタイルにこだわり続け、“王国の地”に乗り込んだ日本。しかし、1次リーグで1勝も挙げることができず、敗退した。長谷部誠主将(藤枝東高出)、内田篤人選手( ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)