攻撃陣の好調さが際立ったアルゼンチンがメッシの2得点などで点の取り合いを制した。前半3分、ディマリアのシュートの跳ね返りを押し込み、1―1の前半終了間際に左足でFKを直接決めた。同点とされた直後 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)