ウルグアイは終盤にゴディンが決勝ゴールを奪い、競り勝った。守備に重点を置く相手を攻めあぐね、後半14分にイタリアのマルキジオが退場となった後は、さらにその色合いが濃くなった。好機は少なく、スアレ ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)