W杯優勝経験のある3チームが同居し「死の組」ともいわれる1次リーグD組で、初戦を落としたウルグアイとイングランド。今大会の生き残りを懸けた重要な一戦は、ウルグアイがスアレスのチーム全得点を挙げる ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)