ウルグアイが1度は追い付かれながらも、終盤に勝ち越した。前半39分、カバニの浮き球のパスにスアレスが頭で合わせて先制。1―1の後半40分にもスアレスがシュートを突き刺した。体を張った厳しい守備、 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)