立ち上がりは劣勢だったイタリアはピルロを軸に丁寧にパスをつなぎ、徐々に流れをつかんだ。前半35分、短い右CKを受けたベラッティのパスをピルロがスルー。これを受けたマルキジオが遠目からゴール左に蹴 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)