【サンパウロ共同】国際サッカー連盟(FIFA)は9日、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で全64試合を分析し、報告書を作成する技術研究グループのメンバー13人を発表し、元日本代表DF宮本恒靖氏が ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)