新潟育ちの若武者が、サッカーの祭典に挑む。ワールドカップ(W杯)の日本代表に、本県出身選手として初めて選出された酒井高徳(シュツットガルト・三条市出身)。 チーム最年少の23歳は、初めて臨む大 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)