コスタリカの運動量が落ちた後半に3得点。逆転劇は痛快だが、手放しでは喜べない。再三の好機を逃して迎えた前半31分、日本は危うさをのぞかせた。本番では致命傷になりかねない先制点を許した。

...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)