三浦泰年監督が指揮を執り2年目を迎えた今季は、最終ラインからの丁寧なビルドアップと、前線が目まぐるしくポジションを変える流動的なパスワークに磨きをかけている。鹿児島県予選決勝では前半押し込まれたものの、後半立て直し鹿屋体育大学を2―0と快勝した。完封に貢献したDF谷口功は「鹿児島のサッカーを全国に発信する格好の機会」と意気込む。
 回大会は、2回戦でJ1サンフレッチェ広島に破れはしたものの、2―3と打ち合いを繰り広げた。
 戦力面では新加入のDF藤澤典隆、田中奏一がサイドに安定感をもたらすなど、最終ラインの補強が奏功しており、MF中原秀人ら前線との連係も良好だ。1回戦ではホームに長崎総合科学大学を迎え撃つ。三浦監督は「ベストを尽くし、サポーターと勝利の喜びを分かち合いたい」と闘志を燃やす。