自陣からしっかりとパスをつなぎ、ボールを意図的に動かす。縦のロングパスを多用していた昨季から大きく変えた戦術も、徐々に浸透しつつある。今季から指揮を執る須藤茂光監督も手応えを感じているようで、「まだ発展途上だが、狙いが明確に見えるようになってきた」と話す。
 中村真人、中西倫也、鍔田有馬など、高さとスピードを兼ね備えたFW陣は強力。守備も福元考佑、清水大輔らを中心に安定感があり、攻撃の起点にもなれる。
 県予選決勝では積極的に攻めてくる大学生を零封。本大会ではガイナーレ鳥取(J3)と1回戦を戦う。清水は「将来的に自分たちが目指すカテゴリーのチーム。今の力を全てぶつけ、どこまで通用するか試したい。その上で、もちろん勝ちに行く」と気合十分だ。