2016年のチーム発足以来、本大会出場を逃していない。3回目となる今年の県予選は、決勝でKUFC南国を3―0で撃破。今まででもっとも安定した戦いで頂点に立った。
 今季のJFL昇格を目標に掲げる。昨年11月に初めて挑んだ全国地域チャンピオンズリーグの1次ラウンドでは、本大会1回戦で対戦する三菱水島FCに勝つなどして2勝1敗。得失点差で決勝ラウンド進出は逃したが、大谷武文監督の指揮のもとで積み重ねてきた1年間のサッカーに手応えをつかんだ。
 オフシーズンには攻守に特長のある選手が加入。選手層は厚みを増し、今季の四国リーグは4戦全勝で、25得点0失点と安定している。
 過去2回の本大会ではいずれも1回戦でJ、JFLクラブに1―2の惜敗を喫した。J1サンフレッチェ広島でもプレーした横竹翔主将は「今年こそ初戦に勝って、Jクラブと戦いたい」。大谷監督も「一戦必勝。地元の春野陸上競技場で高知の皆さんにアグレッシブなサッカーを見せたい」。高知県勢としても5年ぶりの初戦突破へ気合を入れている。