参入3年目の四国リーグで首位争いを演じるFC徳島。3年連続の天皇杯の舞台で初めての1回戦突破を狙う。
 全員攻撃、全員守備をモットーに、ボールを保持して主導権を握るサッカーを目指す。足元の技術に優れた選手が多く、練習や試合を重ねる中で連係も深まっている。
 J2カマタマーレ讃岐から加入した綱田大志や巽拓也ら中盤が手堅くボールを回し、サイドや中央に配球。得点力のある福崎冬也や高木卓らが前線で繰り返し仕掛けてゴールをこじ開ける。守備では元J2徳島ヴォルティスの石川雅博主将を軸に、天羽良輔やFCコリア出身の洪潤極らが的確な位置取りとマークでピンチの芽を摘み取っている。
 徳島大学医学部との県代表決定戦は4-0で完勝。積極的なプレスで早めにボールを回収し、流れをつかんだ。
 ハイプレスが特長の初戦の相手、福岡大学にもスタイルを貫けるかが鍵。石川主将は「立ち上がりが重要。しっかりセカンドボールを拾っていけば勝機は見いだせる」と必勝を期す。