元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーのFC今治。就任3年目の吉武博文監督が掲げるのは、ポゼッションを高めつつ押し込む攻撃的なスタイルだ。
 本フットボールリーグ(JFL)2年目。メンバーは「今年こそJFLで優勝し、J3昇格」と息巻く。フロントは戦力増強に積極的で、選手のおよそ3分の1が今季新加入という顔ぶれ。中でも、昨年のJFL得点ランク2位のFW有間潤、J2金沢から加わったDF太田康介は攻守の軸となっている。
 予選決勝では、松山大学と4年連続で対戦。大雨でピッチに水たまりができ、パスサッカーを展開するには厳しい試合だったが、4-0と強さを見せた。1ゴール2アシストと活躍したMF三田尚希は本戦に向けて「貴重な経験が得られる」と意欲。吉武監督も「格上相手にこちらが失うものはない」と挑戦心をあらわにする。
 うはジャイアントキリング(大物食い)。J1サンフレッチェ広島を破った6年前の歓喜を、再び。