1983年に鳥取県教員団として誕生し、2011年Jリーグ参入。全国最少人口県で人と人との繋がり、機動力、結束力を武器に「強小」を掲げて小さくても強いスポーツ組織を目指している。
 「強小十年」となる2018シーズンのスローガンは「強小十年 10SPIRITS」。昨シーズンの「鍛え・育て・戦い・勝つ」というテーマ、若手選手が伸びる力でチームを強くしていきたい、クラブが大きくなっていきたいという思いを今年もしっかり軸に据えて、継続的に取り組んでいる。
 今季、チームを支える主将には2年ぶりに復帰したフェルナンジーニョ、選手会長には新加入の北野貴之が就任。また新加入のレオナルドとビートルガブリエルのブラジル人コンビは好調を維持している。