今年、創部100周年を迎えた関西学院大学。OBには日本サッカー協会元会長の故長沼健氏や、元日本代表監督の加茂周氏ら殿堂入りした偉人がそろい、現役にもJ1川崎フロンターレの阿部浩之をはじめ、多くの出身選手が活躍している。
 兵庫県代表決定戦では2年連続で決勝に駒を進め、昨年敗れたバンディオンセ加古川(関西リーグ1部)と対戦。今回も1-1からのPK戦にもつれ込んだが、正GK妻鹿寛史が相手の9人目を止め、出場権を獲得。藤原樹主将は「天皇杯に出たい思いが強かった」と執念で難敵を退けた。
 今季のチームは中盤とサイドが強みで、背番号10を背負い、バンディオンセ戦で同点弾をアシストしたMF中野克哉、全日本大学選抜に選ばれたサイドバックの高尾瑠らタレントを抱える。「攻守ともに主導権を握るサッカー」(藤原主将)を実現できれば、下克上を飾るだけの力はある。