昨年の全国社会人サッカー選手権の覇者、鈴鹿アンリミテッドFC。今季就任した辛島啓珠新監督のもと日本フットボールリーグ(JFL)、そしてJリーグを目指す三重の雄は、3年連続の天皇杯に臨む。
 重県大会決勝では3年連続の顔合わせとなるヴィアティン三重(JFL)と対戦し、4-1で快勝。先制を許したが、FWエフライン・リンタロウ選手のハットトリックなどで4得点と圧倒し、JFL所属チームにも劣らない実力を見せつけた。
 個人でこじ開けるストライカー」と辛島監督が評するエフライン選手は「みんなで走る鈴鹿らしいハードワークなサッカーをしたい」と抱負を語る。
 島監督は「選手みんなが強いチームと戦いたがっている。一つでも多く勝ち、Jリーグのチームと戦いたい」と、初の3回戦進出に向け意欲十分。今季のスローガン「あとは野となれ山となれ」のもと、力を研ぎ澄まし天命を待つ。