チームのテーマは「社会に認められるチーム・人を目指す」。攻守ともアグレッシブな躍動感あふれるサッカーが持ち味だ。
 皇杯への出場権を懸けた石川県選手権決勝では、4連覇を狙った北陸大学と対戦、延長からPK戦にもつれ込んだ雨中の激闘を制し、前身の金沢経済大学を含めると24年ぶりの優勝を果たした。先の北信越大学リーグ1部では0―3と圧倒されたものの、悪コンディションのピッチを豊富な運動量で駆け回り、2度先制するなど積極的な攻撃で流れを引き寄せた。
 Jリーガーの小松崎保監督は「すべて選手の力」と手応え十分の様子。2点目を頭で決めたFW松田優也(藤枝東高OB)も「最高にうれしい。チーム一丸の気持ちで勝った」と結束力をアピールし、JFL・奈良クラブとの初戦に向けても「自分たちのサッカーができれば勝てる」と意気込む。