2016年大会の初出場から3年連続で天皇杯への切符を手にした。ピッチを広く使ったパスワークで、両サイドから攻め立てる攻撃は迫力十分。昨年大会で天皇杯初勝利を挙げた主力が多く残る上、力のある下級生も育っており、戦力は充実している。
 多くのJリーガーを輩出した桐光学園(神奈川県)サッカー部元監督の佐熊裕和氏が率いて5年目。「1年でも上級生でも、調子のいい選手を使う」という指揮官の方針が激しいチーム内競争を生み、個々のレベルを引き揚げている。
 県予選決勝は新潟経営大学を5-1で退けた。昨季からの中核であるMF霞恵介を欠いての快勝だったが、先制点を挙げたMF上米良柊人は「自分たちのサッカーができなかった」とさらなる成長を期した。ベスト8という高い目標を果たすため、1回戦からプロクラブに全力で挑む決意だ。