県予選決勝では同じJ3のSC相模原に苦しめられながらも2―1で勝利。昨年に続いて本大会切符をつかみ取った。
 「飛躍 Jump up!」をスローガンに掲げる今季はリーグ戦10節終了時点でリーグ最多18得点と攻撃が好調だ。3年目の樋口靖洋監督は「昨年までは相手を受けてしまうことが多かったが、ことしは自分たちでアクションを起こしながらアグレッシブにプレーできている」と手応えを話す。
 シーズンの目標はリーグ戦一桁順位と天皇杯でのJ1撃破。東京国際大学FCとの初戦を突破すれば、2回戦で待ち受けるのは強豪のJ1浦和レッズだ。県予選決勝で2得点を決めた北脇健慈は「YSCCのことを知ってもらうためにも、まずは初戦に向けてしっかりコンディションを整えたい」と意気込んでいる。