今季クラブ史上初のJ3で戦うザスパクサツ群馬。市立船橋高を率いた布啓一郎新監督を迎え、「1年でのJ2昇格」を目標に、全員で連動する躍動感のあるサッカーを目指す。リーグ戦で目立っているのはFW大島康樹、MF風間宏希といった新戦力の活躍で、チームにいい攻撃のリズムをもたらしている。
 皇杯への出場権を懸けた群馬県協会長杯決勝では、tonan前橋(関東2部)と対戦、PK戦の末に薄氷の勝利をつかんだ。天皇杯は16年連続16度目の出場で、前回は3回戦でJ1川崎フロンターレに敗れ、16強入りを逃した。それでも天皇杯へのイメージは良く、2004年のJFL時代、セレッソ大阪や横浜F・マリノスを撃破し、ベスト8になったことは、ファンの間で「伝説」として受け継がれている。「ノックアウト方式のため、何が起こるか分からない大会。一戦一戦を全力で戦う」と布監督。J1、J2チームを倒す気概は十分だ。