昨年の大学選手権を制し、アマチュアシードで出場する流通経済大学のセカンドチーム。学生チームで唯一、日本フットボールリーグ(JFL)に参戦している。2016年には第1ステージで優勝を飾るなど、毎年のように上位に食い込んでいる。
 県予選では「トップチームと一緒に天皇杯に出る」ことを目標に気迫を全面に出して戦い、強豪を立て続けに撃破。準決勝でトップチームの流通経大を破ると、決勝は昨年の天皇杯でJクラブ3チームを破り16強入りした筑波大学に辛勝した。4―3で延長勝ちした決勝では持ち味のサイド攻撃から3得点し、手呂内勝政監督は「得意な形で点が取れたのは良かった」と手応えを感じている。
 天皇杯は初出場。石川颯海主将は「Jリーグのチームと戦いたい」とまずは初戦突破を狙う。