今シーズンから指揮をとる望月達也監督新体制の下、3年ぶりに天皇杯への切符を手にした。青森県サッカー選手権決勝は、同じJFLのヴァンラーレ八戸を破ったブランデュー弘前FCとの顔合わせ。2点のリードを追い付かれる場面もあったが、終盤に3点追加。持ち前の粘り強い攻守でJFLチームの意地を見せた。
 望月監督は「自分たちはチャレンジャー。選手1人1人の良さと、チームとしての守備力を発揮できればいいゲームができると思う。まずは初戦を勝ちに行く」と意気込みを語った。