鹿児島ユナイテッドFCは2016年からJ3に参戦し、初年度を5位で終えた。今季は三浦泰年新監督を迎え、攻撃的なサッカーを目指してパスワークに磨きをかける。
 素早い攻守の切り替えからのカウンターなど、昨季までの攻撃パターンは健在。昨季J3得点王のFW藤本憲明を攻撃の柱に、新加入した鹿児島出身のMF松下年宏と新主将のMF赤尾公がかじ取り役を担う。
 守備陣はベテランの上本大海、丹羽竜平が今季加わり、安定感が増した。堅守速攻だけでなく、DFからしっかりとパスを回して攻撃を組み立てる練習も重ねている。精度向上が課題だ。
 三浦監督は「J1、J2とも対戦できるチャンスがある。勝ち抜いてクラブ、チームの価値を高め、選手個人が成長する大会にしたい。プライドを持って戦う」と意気込んでいる。