堅守と速攻を武器に、2年連続の代表をつかんだ。広島県大会決勝では、0―0の後半に3得点を挙げ、広島経済大学に勝利。体力アップを意識し練習を積んだ成果を、大学生相手に発揮した。
 昨年はJFL参入を懸け、地域チャンピオンズリーグに挑んだが、敗退。広田将久監督は「守備を整備したつもりだったが、歯が立たなかった」。その反省から運動量を強化。守備で相手選手との距離を1歩縮め、粘り強く守れるようになった。
 元J1サンフレッチェ広島で、技術の高いボランチ篠原聖が攻守の要。1トップの横井恵一、炭広翔ら攻撃陣は俊足ぞろい。サイドバックを含め、両サイドが攻撃的に攻め込む形が特長だ。
 前身は1953年に教員を中心に創立した広島教員サッカークラブ。前身から4度目の出場で、全国大会初勝利を目指す。