関西サッカーリーグ1部所属の「バンディオンセ加古川」は今季、旧運営会社の資金繰り悪化を受け、新設の団体に運営権が譲渡された。監督には選手兼コーチだった大塚靖治が就任し、選手も大半が入れ替わる中で再スタートを切った。
 堅守速攻のチームカラーから「攻撃的でアグレッシブなサッカー」(大塚監督)を目指し、基本布陣を4-4-2から、サイド攻撃を手厚くする3-4-2-1に変更した。年明けの新チーム発足から、天皇杯出場を決めた兵庫県選手権までは期間が短く、決勝の関西学院大学戦はボールを支配されて押し込まれる展開になったが、1-1からのPK戦を制し、2年連続で頂点に立った。
 まだまだ攻守に伸びしろがある社会人チーム。旧体制から在籍するFW花岡諒は「もっとボールを回して崩せるようにしたい」と、全国の強豪を相手にどこまで通用するのか、楽しみにしている。