9年連続9回目の天皇杯出場。昨年は2回戦でJ1の柏レイソルと対戦。後半に先制したが、最後は地力の差を見せた柏レイソルに2―5の逆転負け。しかし、選手たちの士気は高く、その後のリーグ戦につなげた。ことしもJ1チームとの対戦を熱望している。ことしのJFLは、第5節が終わり1分け4敗と出遅れているが、ここにきて、攻守にまとまりを見せている。この大会を契機に浮上を狙う。
 奈良県大会決勝戦の直前にDFからFWにコンバートされた坂本修佑が決勝でハットトリック。リーグ戦でもゴールを奪い結果を残している。
 もともと、中盤の構成力に優れたチームで、長身の坂本が前線でターゲットとなり全体の得点力がアップ。天皇杯はその攻撃力を前面に押し出す。