岐阜県代表決定戦決勝は、3連覇を狙うFC岐阜SECONDを3-0で下し、3年ぶり2回目の天皇杯出場を決めた。
 決勝では3バックの固い守備で相手攻撃陣を無失点に抑え、複数選手が相手守備ラインの裏を突く攻めが機能して複数得点を挙げた。鍵を握る選手は主将のFW谷口海斗。攻撃では個で突破できる能力を持ち、守備ではプレスのスタート役となる。寺田亮太監督も「攻守の軸。ゲームの流れを読むこともできる」と厚い信頼を寄せている。
 天皇杯は初戦突破が目標で、選手たちは2回戦で待ち構えるJ1セレッソ大阪との対戦を熱望している。寺田監督は「守備のコミュニケーションなど課題はいっぱいあるが、まずは1回戦突破を目指したい」と意気込み、谷口は「Jリーグチームと試合ができる大会は天皇杯しかない。絶対にセレッソと戦いたい」と躍進を誓っている。