サウルコス福井はJリーグ入りを目指すため結成。2007年から本格始動し、現在北信越リーグ1部で戦っている。
 昨季はリーグ5連覇を逃し、今季からJ2愛媛FCやJFLヴァンラーレ八戸(青森)で指揮した望月一仁監督が率いる。望月監督は「攻守の切り替えが速いサッカー」を掲げ、悲願のJFL昇格に挑む。
 福井県選手権決勝では、同じ北信越1部の坂井フェニックスを2―1で破った。決勝は前後半の立ち上がり、セットプレーからFW山田雄太が2得点を奪う活躍。守備では主将のDF川邊裕紀を中心に相手の良さをつぶして反撃を振り切った。
 天皇杯1回戦は今季J3に参入したアスルクラロ沼津(静岡)が相手。FW山田は「失点をゼロにすれば、勝てるチャンスはある。(県選手権決勝のように)積極的に仕掛けていきたい」と意気込んでいる。