3年続けて石川県選手権決勝で、同じ北陸大学サッカー部のクラブチームであるFC北陸との「兄弟対決」を制した。
 決勝では、春先から調子を上げているFW天貝幹太が持ち前のドリブルで仕掛けて先制弾を決め、さらに相手のパスに反応してボールを奪って追加点を挙げた。守りでもGK野上真司が好セーブを見せるなど堅守が光り、2-0の完封勝ちを収め、北陸大トップチームとしての意地を示した。
 元日本代表DFの越田剛史総監督、元水戸ホーリーホックMFの西川周吾監督のもと、「自分たちで考えてプレーするサッカー」を掲げる。ボールを保持する時間を長く、高い位置でボールを奪い返すための判断力を磨いている。
 過去2度は1回戦でJリーグのチームと当たり、苦杯をなめた。今年は社会人クラブのバンディオンセ加古川との初戦となり、西川監督は「全員で本質に迫ったサッカーをしたい」と意気込む。