tonan前橋は、地域密着型の社会人チーム。社会人チームにはJリーグ経験者も在籍しており、ジュニアから女子、シニアまで各世代におけるサッカーの育成と振興を担っている。
 群馬県大会決勝では、昨年の優勝チームを破って勢いに乗る上武大学と対戦。球際の強さ、固い守りで終始主導権を握って試合を展開した。延長までもつれたが、動きの鈍り始めた相手の守備をサイド攻撃で崩し、最後はFW深山翔平とDF韓昌柱の2発で試合を決めた。
 これまで3度、本大会に出場してきたが、Jリーグのチームの高い壁に苦しめられてきた。「決勝では自分たちのサッカーができた。本大会でも継続し、失点せずにペースをつくりたい」と全国の舞台を見据える田中淳主将。今季から指揮を執るアマラオ監督も「戦うスピリットがあればもっともっと上が狙える」と飛躍を誓った。