いわきFCはJリーグ参入を目指し2016年2月に結成。始動1年目から公式戦21連勝を飾るなど目まぐるしい躍進を見せる。同年10月の全国クラブチームサッカー選手権大会で優勝。JFLへの“飛び級”を懸けた全国社会人サッカー選手権大会では準々決勝で敗退したが、選手は全国の舞台で戦う手応えをつかんだ。今季から福島県社会人リーグ1部に昇格。
 第22回福島県サッカー選手権大会決勝は、10連覇が懸かるJ3の福島ユナイテッドFCと2年連続となる対戦。前年のリベンジに燃えるいわきFCは、徹底したフィジカルトレーニングの成果により、選手たちの運動量は落ちず、前半に先制ゴールを決めると、後半にも追加点。鉄壁の守備も光り2-0で初優勝した。田村雄三監督は「いわきFCの名を全国に発信したい」と天皇杯へ決意をにじませる。いわきFCの全国での活躍は、福島県民に勇気や希望、元気を与えるものとなる。