福井県サッカー選手権の決勝で同じ北信越リーグ1部の坂井フェニックスを2―0で下し、5年連続8回目の天皇杯出場を決めた。
 堅守速攻を旗印に、全員が守備の意識を高く持っている。前線からの鋭い寄せと球際の強さで粘り強くボールを奪い、カウンター攻撃につなげる。攻守の切り替えが素早く、DF川邊を中心に最終ラインも安定している。
 攻撃の柱は、前J2長崎のエースFW松尾だ。得点感覚とシュート技術に優れ、今季の北信越リーグ1部でハットトリックを4度達成。県選手権の決勝では、強烈な先制シュートを決めるなど2得点を挙げた。右サイドバックの木村は、精度の高いクロスやCKでチャンスを演出する。
 1回戦の相手はJ2金沢。石田監督は「JFL(日本フットボールリーグ)に昇格するために、強いチームと1試合でも多く試合がしたい」と意気込む。金沢戦は昇格への試金石となる。