石川県サッカー選手権大会決勝は2年連続で北陸大学サッカー部2軍に当たる「FC北陸」と対戦、1軍の意地を見せ、1―0で「兄弟対決」を制し、昨年に続き2度目の天皇杯切符をつかんだ。
 チームは元日本代表DFの越田剛史氏が総監督、元水戸ホーリーホックMFの西川周吾氏が監督を務め、北信越大学リーグ1部を3連覇中。県大会決勝で千金弾を放ったMF武井謙介、FWの小畑賄人、川俣将太らが攻撃の要となり得点機を演出し、守備ではGK谷垣大輔の好セーブが光る。
 昨年の天皇杯初戦では、今年J1復帰を果たしたジュビロ磐田と対戦し0―1で惜敗。今大会はJ3・AC長野パルセイロと1回戦を戦う。
 主将の武井は「負ければ記憶にも何にも残らない。Jのチームだからと、挑戦者の気持ちで戦う気はない。勝ち進んで北陸大の名を全国に広める」と闘志を燃やしている。